フォントについて

  1. 1.IVS対応フォント:異体字とは何か?

    こんにちは。カルチスタッフです。今回からはIVS対応フォントについて説明していきたいと思います。IVSとは、「Ideographic Variation Sequence」の略で、漢字異体字シーケンスのことです。

  2. 6.headテーブル

    こんにちは、カルチスタッフです。前回、TTFファイルフォーマットのnameテーブルについてお話ししました。今回は、headテーブルの構成について見ていきたいと思います。headテーブルも、OS/2テーブルと同じく、フォント全体の表示に関する項目を設定します。

  3. 5.nameテーブル

    こんにちは、カルチスタッフです。前回、TTFファイルフォーマットのOS/2テーブルについてお話ししました。今回は、nameテーブルの構成について見ていきたいと思います。

  4. 4.OS/2テーブル

    こんにちは、カルチスタッフです。前回、TTFファイルフォーマットのタグテーブルの概要についてお話ししました。タブテーブルには、たくさんの種類がありますが、今回からはタグテーブルのうち、比較的構成が単純なテーブルをいくつかご紹介したいと思います。はじめは、OS/2テーブルです。

  5. 3.タグテーブルの概要

    こんにちは、カルチスタッフです。前回、TTFファイルフォーマットのオフセットテーブルとテーブルディレクトリについてお話ししました。今回は、TTFファイルが持つ3つのテーブルのうちの最後の1つ、③タグテーブルについて概要を見ていきたいと思います。

  6. 2.オフセットテーブルとテーブルディレクトリ

    こんにちは、カルチスタッフです。前回、TTFファイルフォーマットの概要についてお話ししました。TTFファイルは複数のテーブルを持っており、大きく3つの種類に分けられます。

  7. 1.TTFファイルフォーマットの概要

    こんにちは、カルチスタッフです。今まで、さまざまなビットマップフォントのフォーマットについてお伝えしてきましたが、今回からは、アウトラインフォントのフォーマットについてお話してみたいと思います。始めに、ビットマップフォントと比較したアウトラインフォントのデータ形式を簡単説明していきます。

  8. 7.BMPファイルのアプリによる表示の違いについて

    こんにちは、カルチスタッフです。前回まで、Windowsで標準的に使われる画像ファイルである、ビットマップファイルについて説明してきました。最後に、ビットマップファイルをアプリで表示させる場合の違いについて触れてみたいと思います。

  9. 6.BMPファイルの画像データについて[24bitBMP]

    こんにちは、カルチスタッフです。前回に引き続き、Windowsで標準的に使われる画像ファイルである、ビットマップファイルについて説明します。まず、BMPファイルの構成についておさらいしていきたいと思います。BMPファイルは、次の4つの領域で構成されています。

  10. 5.BMPファイルの画像データについて[8bitBMP]

    こんにちは、カルチスタッフです。 前回に引き続き、Windowsで標準的に使われる画像ファイルである、ビットマップファイルについて説明します。まず、BMPファイルの構成についておさらいしていきたいと思います。BMPファイルは、次の4つの領域で構成されています。

ページ上部へ戻る