【カルチスタッフ】

  1. OCR-A/B/K

    こんにちは、カルチスタッフです。今回はカルチOCR-A/B/Kについてです。 OCR-A/B/Kには3つの規格それぞれに異なる文字種が定義されています。

  2. 手書きOCR

    こんにちは、カルチスタッフです。今回はカルチ手書きOCRについてのお話です。 手書きOCRには5つの規格それぞれに異なる文字種が定義されています。

  3. OCRフォント製品

    こんにちは、カルチスタッフです。 OCRフォントはOCR(文字を読み取る装置)で読み取るための、JIS-OCR規格に準じたフォントです。 カルチでは手書きOCRとOCR-A/B/Kの2種類をご用意しています。

  4. LED用多階調ビットマップフォント

    こんにちは、カルチスタッフです。前回「階調フォントは搭載する機器によって美しく見える階調数が異なる」と言うお話をしました。 カルチでは、LED表示器の為の階調フォント『LED用多階調ビットマップフォント』を制作・販売しています。

  5. 滑らかなビットマップフォント

    こんにちは、カルチスタッフです。滑らかなビットマップフォントって… ドットの数が多ければ多いほど滑らかに見えるってこと?その通りです。 解像度が高く、使えるドット数が多ければ、表現できる形も多くなり滑らかな文字を表現することができます。

  6. ビットマップフォントにも書体はあるの?

    あります!!!こんにちは、カルチスタッフです。 アウトラインフォントのように自由に形を表現することは難しい場面もありますが、 ドットの取り方を工夫することで、ビットマップフォントでも角ゴシック体や明朝体など書体の表現は可能です。こちらはいかにもビットマップフォントと言うようなゴシック体。

  7. ビットマップフォントはどこで使われているの?

    こんにちは、カルチスタッフです。私たちの身の周りにある文字情報の多くは、輪郭線をデータとして持つアウトラインフォントです。 例えば、スマホの画面・ポストに入ってくるチラシ・お菓子のパッケージ・電車内の広告・飲食店でのメニュー表や看板や…色々な場所で見る事ができますね。

  8. ビットマップフォントとは

    こんにちは、カルチスタッフです。 現在ホームページのトップ画面にもあるように、カルチでは「豊富なサイズ」「豊富な言語」のビットマップフォントを制作・販売しています。 そんな弊社が得意とするビットマップフォントについてご説明します。

  9. フォントのこと

    こんにちは、カルチスタッフです。弊社が販売している「フォント」について簡単にご説明します。 コンピューター等で表示や印刷をする為の文字形状のデータのことをフォントと言います。社内をくるっと見回すだけでも、文字情報が必要な場所には様々なフォントが使われています。

  10. アクセス_カルチアクセスマップ

    カルチへお越しになるお客様へ

    こんにちは、カルチスタッフです。 カルチへ初めてお越しになるお客様にもわかりやすいよう横浜駅からの写真を撮ってきました。 弊社へお越しになる際に参考にして頂けたら幸いです。 1. 横浜駅「きた西口」を出てまっすぐ進んでください。 2. 右手に見える橋を渡り、鶴屋町方面にまっすぐ進んでください。

ページ上部へ戻る