フォントについて

  1. 6.<ヒンディー語の文字結合のしくみ4>

    こんにちは、カルチスタッフです。前回に引き続き、どのような仕組みでヒンディー語の⽂字が結合するのかを⾒ていきましょう。⼿順は次の4つです。

  2. 5.<ヒンディー語の文字結合のしくみ3>

    こんにちは、カルチスタッフです。前回に引き続き、どのような仕組みでヒンディー語の⽂字が結合するのかを⾒ていきましょう。⼿順は次の4つです。

  3. 4.<ヒンディー語の文字結合のしくみ2>

    こんにちは、カルチスタッフです。前回に引き続き、どのような仕組みでヒンディー語の⽂字が結合するのかを⾒ていきましょう。⼿順は次の4つです。

  4. 3.<ヒンディー語の文字結合のしくみ1>

    こんにちは、カルチスタッフです。前回はヒンディー語の結合⽂字の代表的な例について説明しました。 それでは実際に、パソコン上でヒンディー語の単語を表⽰させる場合に、どのような仕組みで⽂字が結合するのかを⾒ていきましょう。⼿順は次の4つです。

  5. 2.<ヒンディー語の結合文字>

    こんにちは、カルチスタッフです。前回はヒンディー語の「基本の⽂字」をご紹介しました。 「基本の⽂字」には⼦⾳字・⺟⾳字・⺟⾳記号などの種類があることがわかったと思います。 今回は、「基本の⽂字」を組み合わせて表⽰される「結合⽂字」について⾒てみましょう。「結合⽂字」は⼤きく2つに分けられます。

  6. 1.<ヒンディー語の基本の文字>

    こんにちは、カルチスタッフです。今回はヒンディー語で使⽤される⽂字を⾒てみましょう。 ヒンディー語を表記するために使⽤される⽂字はデーヴァナーガリー⽂字といいます。 デーヴァナーガリー⽂字はヒンディー語以外に、マラーティー語やネパール語の⽂字表記にも使⽤されます。

  7. 中国語国家標準ビットマップフォントの書体

    こんにちは、カルチスタッフです。カルチで取り扱いのある中国語国家標準ビットマップフォントの書体をご紹介します。 宋体と黒体のサンプルがこちらです。日本語の明朝体とゴシック体のようなイメージですね。

  8. 中国語国家標準ビットマップフォントの文字規格

    こんにちは、カルチスタッフです。カルチでは、中国国家規格であるGB18030やGB2312に準拠した中国語国家標準ビットマップフォントの取り扱いを行っております。

  9. 中国語国家標準ビットマップフォント

    こんにちは、カルチスタッフです。今回は、中国語国家標準ビットマップフォントについてご紹介します。中国(中華人民共和国)向けに輸出し販売する機器にフォントを搭載する場合、中国国家規格に準拠したフォントが必要である事は、ご存じの方も多くいらっしゃるかと思います。

  10. 日本語と中国語の漢字

    こんにちは、カルチスタッフです。前回まで、色々な言語のアルファベットをご紹介してきました。 ほとんどラテンアルファベットと同じような言語もあれば、似ているけれど少しずつ違う形をしている文字の言語もありましたね。今回は、漢字を見てみましょう。

ページ上部へ戻る